名古屋東照宮

愛知

勝負運に効く愛知の名古屋東照宮

勝負運に効く愛知の名古屋東照宮は、尾張藩初代藩主徳川義直が、元和5年(1619年)名古屋城三の丸に東照宮を勧請し、成瀬正成らを奉行にして家康の神像を祀ったのが創祀とされます。
タイトルとURLをコピーしました