勝負運にご利益のある鹿児島県の谷山神社

鹿児島

名称:谷山神社

読み方:タニヤマジンジャ

概要:
谷山神社は、鹿児島県鹿児島市にある神社で、豊かな自然に囲まれています。春には桜が見頃となり、秋にはもみじと銀杏が色づきます。高台に位置しているため、展望台からは桜島や錦江湾、谷山市街地を一望することができます。また、新年の初日の出スポットとしても人気があります。

縁起:
谷山神社は、後醍醐天皇の第9皇子である懐良親王を祭神としています。懐良親王は、南北朝時代に南朝の勢力を巻き返すために九州に派遣されました。その後、懐良親王は九州で12年間も北朝に対抗し続けました。昭和3年(1928年)に、懐良親王の霊を慰めるために谷山神社が建てられました。

ご祭神:懐良親王(カネナガシンノウ)

ご利益:勝負運

例祭日:四月二十九日、十二月一日

ご朱印:あり

参拝時間:情報収集中

トイレ:情報収集中

所在地:鹿児島県鹿児島市下福元町3786-3

電話番号:099-268-8344

交通手段:慈眼寺駅周辺

駐車場:あり(約70台)

追加情報:
谷山神社周辺には「そうめん流し」や「ふるさと考古歴史館」などの施設や飲食店があります。また、神社の境内地には約70台の駐車場があります。