勝負運にご利益のある岡山県の今村宮

岡山

名称:今村宮

読み方:イマムラグウ

概要:
今村宮は、岡山市北区に位置する神社で、天照大御神、八幡大神、春日大神の三神を祀っています。1334年に菖蒲正寿によって創建され、1580年に宇喜多直家が岡山城を拡張する際に現在の場所に移転しました。その後、八幡宮と合祀され、今村宮となりました。

縁起:
今村宮は、1334年に菖蒲正寿が内山下榎馬場(現在の岡山県庁北側)に天照大御神・八幡大神・春日大神を勧請したことから始まります。1580年に宇喜多直家が岡山城を拡張する際に、今村宮は現在の場所に移転し、八幡宮と合祀されました。

ご祭神:
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
八幡大神(はちまんたいじん)
春日大神(かすがたいじん)

ご利益:勝負運

例祭日:
5月17日(春祭)
10月第2土曜日・日曜日(秋祭)
11月30日(新穀感謝祭)

ご朱印:情報収集中

参拝時間:参拝自由

トイレ:情報収集中

所在地:岡山県岡山市北区今4-3-5

電話番号:086-241-2744

交通手段:北長瀬駅周辺

駐車場:有り(5台)

追加情報:
今村宮は、岡山市中心部の産土神として古くから崇敬されています。また、竹通、大野辻、上中野、下中野、野崎、新中野町内の鎮守でもあります。