勝負運にご利益のある石川県の松任金剣宮

石川

名称:松任金剣宮

読み方:まっとうかなつるぎぐう

概要:
松任金剣宮は、石川県白山市にある神社で、創立は717年とされています。武門武将の崇敬が厚く、松任城主鏑木氏の社殿造営によって壮麗を極めたと伝えられています。

縁起:
松任金剣宮の創立は、養老元年(717年)に遡ります。富樫氏累代が尊奉し、神田社領を付すとされています。また、松任城主林範光が社殿を造営し、社人別当を付すと伝えられています。

ご祭神:
素盞嗚尊(スサノオノミコト)
湍津姫命(タタツヒメノミコト)
都留伎日子命(ツルギヒコノミコト)
大山咋神(オオヤマカツノカミ)
菅原道真(スガワラノミチザネ)

ご利益:勝負運健康長寿交通安全家内安全

例祭日:5月上旬の春季例祭

ご朱印:情報収集中

参拝時間:09:00-17:00

トイレ:情報収集中

所在地:石川県白山市西新町181

電話番号:076-275-0578

交通手段:最寄駅はJR北陸本線の松任駅で、徒歩約4分です。

駐車場:情報収集中

追加情報:春季例祭では、神輿渡御に加え、近年復活した随身による剣舞を見ることができます。