勝負運にご利益のある石川県の小坂神社

石川

名称:小坂神社

読み方:こさかじんじゃ

概要:
小坂神社は、金沢市の北部に位置し、地元の人々から「春日さん」と親しまれてきた神社です。その由緒は奈良時代の養老元年(717年)にまで遡ります。また、この神社は金沢五社の一つとして、加賀藩前田家から特に崇敬されていました。

縁起:
小坂神社は、中世に何度も戦火で焼失しましたが、1636年に加賀藩前田家によって再建されました。その後、金沢市の北部の鎮守として信仰を集め、地元の人々から「春日さん」と親しまれてきました。

ご祭神:
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
武甕槌神(たけみかづちのみこと)
比咩大神(ひめのおおかみ)
經津主神(ふつぬしのみこと)
饒速日命(にぎはやひのみこと)

ご利益:勝負運、家内安全、商売繁盛、勝負必勝、交通安全など

例祭日:情報収集中

ご朱印:初穂料300円で頂けます。

参拝時間:情報収集中

トイレ:情報収集中

所在地:〒920-0816 金沢市山ノ上町42-1

電話番号:076-252-7891

交通手段:JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由柳橋行きバス 約12分、山の上下車、徒歩5分

駐車場:あり(約20台)

追加情報:小坂神社の本殿は金沢市指定有形文化財建造物で、松尾芭蕉の句碑や逆立ち狛犬などが見どころです。また、富士社は珠姫(3代・利常の正室)の病気祈願所で、病気平癒のご利益もあります。