勝負運にご利益のある石川県の本村井神社

石川

名称:本村井神社

読み方:もとむらいじんじゃ

概要:
本村井神社は、石川県白山市に位置する神社で、地元の人々に深く親しまれています。その歴史は1300年前、奈良時代にまでさかのぼります。社地は広大で、かつては大きな池があり、その水を利用して村人たちは作物を作り、飲料水としても使っていました。

縁起:
本村井神社の創設は、奈良時代の大宝2年にさかのぼります。当時、近くに大きな池があり、子供たちが遊んでいて度々溺れて命を落としたため、村人たちは池を埋めてしまいました。しかし、その後、村人たちは病気に苦しみ、農作物も毎年不作となりました。そのため、村人たちは天地の神々に祈り、少彦名命から神託を受け、新たに神社を建てました。

ご祭神:
応神天皇(おうじんてんのう)
少彦名命(すくなひこのみこと)
春日四柱神(かすがよはしらのかみ)
菅原道真(すがわらのみちざね)

ご利益:勝負運、商売繁盛、家内安全、学業成就、恋愛成就、子宝祈願、交通安全、病気平癒など

例祭日:10月16日

ご朱印:有り

参拝時間:参拝自由(拝殿:08:00-17:00)

トイレ:情報収集中

所在地:石川県白山市村井町1-1

電話番号:076-275-1883

交通手段:JR北陸本線の松任駅から徒歩25分

駐車場:情報収集中

追加情報:
本村井神社は、昭和10年に本殿が改築され、現在に至っています。近年、氏子や篤志家の好意により、境内や付属物の大改善や新設が行われました。しかし、社殿はすでに100年を経過しており、老朽化が進んでいます。